悩んでいる女性

マクロライド系抗生物質のジスロマックは万能薬

ショックで顔を抑えている女性

日本での感染率が最も多いとされる性病であるクラミジアは、重症化すると不妊症になる恐れがあります。
この性病は自覚症状が乏しく、感染してることに気づきにくいため感染者を増やしてしまうと言われます。
少しでも不調を感じたら病院などで検査を行い、早期発見、治療することが大切でしょう。

一般にクラミジアは病院では抗生物質による薬物療法が行われ、ジスロマックと呼ばれる薬は医師から処方されるもので多いとされます。
アジスロマイシンを主成分とするこの薬は、細菌のリボソームの働きを抑制する効果があります。
リボソームはクラミジアの原因菌が増殖する際に使われており、これを制御することで症状を緩和させます。
クラミジアの治療薬の多くはマクロライド系抗生物質が用いられ、ジスロマックもその中の一つでありこの性病の原因菌の除菌率は約90%と言われます。

ジスロマックは抗菌効果の他、患部で起こる炎症を緩和させることもできます。
なので性病治療以外に歯周病や蓄膿症、マイコプラズマ肺炎などの細菌性の感染症にも有効と言われます。
ジスロマックは薬の効果持続時間が長く、1000mgを1回服用するだけでクラミジア治療は済むとされます。
基本的に用法用量は主成分のアジスロマイシンが1つの薬剤あたりに500mg配合され、その2錠を1回飲みますが胃腸が弱く、下痢の心配がある人は500mgを1日1回3日連続で摂取します。
3日間に分けて摂取する場合、効果の有無にかかわらず最後まで服用しないといけません。

摂取の途中症状が治ったといっても原因菌は完全に死滅しておらず、途中で止めると完治できなかったり耐性菌ができる恐れがあります。
クラミジア菌が完全に死滅するには最低でも約3週間は必要になると言われます。
なので治療薬は容量以上の摂取は避け、決められた用法を守って服用することが大切です。
そして薬を飲んだら約3から4週間後には検査を行い完全に自分の体から病原菌がいないことを確認するようにしましょう。

ジスロマックは副作用が少ないのも特徴

ジスロマックはクラミジア治療薬の第一選択薬であり、抗菌力が高く服用回数が少ない利点があります。
この薬が分類されるマクロライド系抗生物質には他の治療薬と比べて副作用が少なく、子供や妊婦でも服用できると言われます。
完全に副作用がないわけでなく発生頻度の多いものとしては下痢が挙げられ、胃腸の弱い人や幼児は発症しやすいので注意が必要です。
この他白血球数減少や好酸球数増加などがありますが、これらは重大な病に繋がるものではありません。

また多いとされる下痢の症状は全ての抗生物質に見られる副作用であり、ジスロマックが特に引き起こしやすいという意味ではありません。
風邪薬などの飲み合わせの危険性は、ジスロマックは比較的併用注意の薬剤は少ないです。
風邪薬なら抗生物質の含まれてないものであれば飲み合わせは問題ないです。
基本的に薬局やドラッグストアなどで販売されるものはその成分が含有してません。

抗生物質は医師からの処方でしか入手できないので、もし病院で風邪薬をもらうのならジスロマックを飲んでることは伝える必要があります。
蓄膿症やマイコプラズマ肺炎を初めとした感染症の殺菌作用の高いジスロマックは、消化器の働きも活発にするので下痢の症状を引き起こしやすいです。
その際お腹の調子を整えるため整腸剤を服用したい意見があるでしょう。

こちらも飲み合わせに危険はありませんが、必ずしも全てのものが安全というわけではありません。
牛乳を初めとした乳製品はそれに含まれる脂肪分がジスロマックの効果を弱めることがあるので注意しましょう。
また定められた容量以上の薬を飲んだり、途中で止めるといった行為は安全にクラミジアを治療できるとは言えません。
医療機関から支持された内容を守って薬は飲むことが大切です。

アーカイブ
サイト内検索