悩んでいる女性

膣カンジダの感染原因と予防法

こめかみを押さえている女性

膣カンジダの原因になるカンジダ菌は、人間が元から体の中に持っている常在菌です。
消化管や性器の粘膜、皮膚に存在しています。
普段、体の調子が良い時はそのカンジダ菌はおとなしく息を潜めているのですが、体調が崩れているときに増殖したり、性行為によって移ったりします。
体内での増殖による膣カンジダの感染経路は、女性のお尻の拭き方に原因がある場合が多いです。

普段、お尻を後ろから前に拭く習慣のある人は、肛門から膣へとカンジダ菌が移ってしまいます。
健康な時は何ともなくても、体調の悪い時はすぐに移る可能性があるので、注意が必要です。
お尻は前から後ろに向けて拭きましょう。
性器周辺、お尻を清潔にしておくことが重要ですが、女性の膣は自浄作用があるので、石鹸で洗いすぎるとその働きが鈍くなってしまうので、普段はお湯で指の腹を使って洗い流すようにするのがよいです。
蒸れもカンジダ菌は好みますから、通気性の良い下着、服を身に着け、ナプキンやおりものシートなどはこまめに取り換えましょう。
膣カンジダのもう一つの感染経路は性行為です。

性器に何らかの異常を女性は感じているにもかかわらず、性行為をしてしまったり、男性の場合は感染しているのに気づかないまま性行為をしてしまい、相手に感染させてしまうということが原因となります。
膣カンジダは、痛みやかゆみ、おりものなどの異常で女性は気が付きやすいのですが、男性は気づかないことが多いようです。
女性が婦人科を受診して膣カンジダであることを告げられて初めて、男性はもしかしたらと気づくこともあるようですが、カンジダ菌は常在菌のため、自分に原因があるとは思わないかもしれません。
パートナーがいる場合は性行為によって感染する可能性が高いので、その時点ではなんともなくても、完治するまでは性交をやめなければいつまでも移し合いが続くことになりますので、注意してください。
このように、普段はおとなしいカンジダ菌が勢いを持ち出すと何かと困ることが起きますので、注意して過ごすべきです。

膣カンジダの原因は糖尿病や免疫力低下なども関係する

また、女性の膣カンジダの原因は、ホルモンバランスが崩れていたり、体調不良で免疫力が下がっていることもあります。
ホルモンは妊娠や出産、更年期に崩れやすいのですが、生理前にも崩れやすいですし、ストレスが大きい時期にも崩れやすいです。

免疫力とは病気になりにくい力のことですが、糖尿病などの病気にかかっていたり、抗生物質を長く使っている時にも下がります。
糖尿病などの病気で膣カンジダになっているときは、お医者さんに速やかに相談してください。
妊娠、出産、更年期、大きなストレスなどに対しては、自分に優しくすることを心がけ、無理せず、心身を休めるようにしてください。
心身が休まれば自然に治癒する場合もあります。

自然治癒と言いましたが、痛みやかゆみ、おりものの様子がいつもと違うということでも。
軽症ならば、体調が戻るとともに自然に治ることもよくありますが、同様に、体調不良などで再発することも多いのが膣カンジダです。
婦人科のお医者さんに行けば、膣を洗浄してくれます。
一人で悩んでいるくらいならば、専門のお医者さんにいって早目に治してもらいましょう。
妊娠中の場合、胎児にも影響しないものを選んでくれます。
数回通院する必要はあるかもしれません。

誰にでも起こりうる常在菌のカンジダ菌による膣カンジダです。
恥ずかしがる必要はありません。簡単に改善できるものです。

うがい手洗いをしっかりやり、お尻は前からうしろにきちんと拭いて、膣の自浄作用を妨げないようにしながら清潔に保っていきましょう。
適度な運動、バランスのとれた食生活、十分な睡眠もお忘れなく。
心身の健康を保って強い体を維持しましょう。
病気になった場合は早く治るようにしましょう。